樹状細胞がんワクチン

DCneo:樹状細胞を用いたがんワクチン療法

樹状細胞とは、体内にもともと存在している、枝のような突起(樹状突起)を持つ細胞で「がんに対する免疫の要(かなめ)」として、次のような非常に重要な働きを普段から担っている免疫細胞であることが分かってきました。

①からだの中にいるがん細胞を見つけ出す
②がん細胞の目印(抗原)を正確に認識する
③認識した情報を、周りにいるリンパ球を中心とした免疫細胞に知らせる

がん細胞を攻撃するよう命令を出すというものです。

樹状細胞は、がんの目印を最初に体内で認識し、その情報を免疫細胞であるリンパ球に伝える役割を担っています。
樹状細胞の元となる細胞(単球)を体外にとりだし、樹状細胞へ育て、この樹状細胞に「がんの目印」をあらかじめ認識させておいて、これをワクチンとして注射して再び体内に戻すという治療法が注目されてきました。
これが、当クリニックが専門とする樹状細胞を用いたがんワクチン療法(DCneo)です。

がんワクチン療法(DCneo)の特徴
  1. がん細胞だけを”狙い撃ち”します。
  2. がんを狙い撃つ免疫力が持続します。
  3. 自分の細胞を用いているため安心です。
  4. 転移しているがんにも有効です。
  5. 臨床研究に基づくエビデンスのある治療です。
  6. WT1を含む複数のがん抗原を使用できます。

特長1:がんだけを狙い撃ち

特異的がん免疫療法のしくみ

(1)樹状細胞の元になる単球を血液からたくさんとり出して、樹状細胞へ育てます
(2)育てられた樹状細胞に手術でとり出したがん組織や、人工的に作られたがんの目印を与えます。
(3)樹状細胞ががんの目印を手に入れると、リンパ球にがんの目印を教えることができる司令官になります。
(4)司令官に育った樹状細胞が入った「樹状細胞ワクチン」を注射して、がんの目印を手に入れた樹状細胞を増やします。
(5)注射された樹状細胞は、司令官として、リンパ球にがんの目印を教え、がん細胞を攻撃するように指示を出します。
(6)がんの目印を覚えたリンパ球はからだの中をめぐって、がん細胞だけを攻撃します。

お問い合わせ

フリーダイヤル:
0120-088-722

住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号 AERビル11階